Aux Bacchanales(オーバカナル)

画像

会社勤めしていた時代に、ワイン通の弁護士先生とか、グルメな雑誌編集長とかに連れられ、何度かディナーに訪れていた、Aux Bacchanales。 ご存じ、紀尾井町のホテルニューオータニにオープンテラスを構えるカフェレストランだが、フランスの大衆食文化からインテリアデザインまで本場さながらに堪能できるお店(http://www.auxbacchanales.com/)今の季節は、そよ風に吹かれながらとても気持ちよく粋なフレンチを頂ける。 余談ですが、「オーバカナル」ってよく考えたら日本語のカ

[続きを読む]

コメント/评语(0)トラックバック/过期搜索(0)

ラポール形成

画像

今月から新規案件で某大手化粧品会社様の調査プロジェクトに加わりました。 なんと、けなげにも(?)自分でインタビューフローを書いています! その訳はまた後日お話するとして。 試にその会社様の慣用フォーマットをもらってみると、いきなり見慣れない単語がトップに躍り出た。 「ラポール形成」 ラポールって・・・何? 調べてみたら、フランス語のrapport、心理学で、人と人との間がなごやかな心の通い合った状態であること。親密な信頼関係にあること。心理療法などで、面接者と被面接者との関係についていう。

[続きを読む]

コメント/评语(0)トラックバック/过期搜索(0)

蛇呑象

画像

今年もやってきた、中国の春節。 このご時世だから日本のメディアでせいぜい話題になるのは、爆竹による大気汚染だとか、延べ34億人の帰省ラッシュだとか、あまりポジティブなお話はないのだが。 その中国から、新年を祝うメッセージがたくさん届いている中で、一つ面白いのがあった。 ご興味のある方はぜひこちらを:happy chinese new year card.pdf 蛇年だからって、このデザインを選ぶセンスはまず、なかなかのもの(笑) 「蛇呑象」 ぱっと見、ドキッとしてしまった。 さらに、そこに

[続きを読む]

コメント/评语(0)トラックバック/过期搜索(0)

「安酒の酔いに似てる」

領土問題について作家の村上春樹が9月28日付朝日新聞に寄稿した文章が、大きな波紋を呼んでいる。 それは日本のみならず、中国でも熱狂的なファンを抱える氏の、影響力を改めて認識させるかのように、翌日には翻訳版がネット上にアップされていたのだ。 現地からさっそく訳文が送られてきたので、載せることにした。 一つ別の視点で見てみたいという、いろんな人に読んでほしいと思う。 特に中国語を勉強中の方には、オリジナル(⇒http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/peace-d2.htm

[続きを読む]

コメント/评语(0)トラックバック/过期搜索(0)

みんなこんな時代があったよね!?

画像

「世の中」がオリンピック一色だったこの夏。 生来アマノジャクなのか、祭りごとにはめっぽう興味がなく、オリンピックのTV放送も、いつも「感動のストーリー」ありきの特番には飽き飽きしている。 だから、ただ純粋に美しい映像と、選ばれしアスリートたちの身体能力の素晴らしさを堪能できる、新体操やシンクロなどいくつかの競技除いて、ややもすると無駄にナショナリズムが煽られるだけの試合ものは、ほとんど見ない。 そんな中、意外なニュースを目にした。 中国で、「我孫子」という日本の女子棒高跳び選手の名前を巡っ

[続きを読む]

コメント/评语(0)トラックバック/过期搜索(0)

12

ページ先頭へ戻る/返回顶部

カレンダー/日历

最近の記事/最新日志

Chemin Libre
日本語サイト/日文网站
中国語サイト/中文网站
  • RSS